100days anniversary !

この間小児が産まれて100日光を迎えました!
ささいなお祝いを父親と3お客様で?
ちゃんとしたお食い初めもすごく華麗と思いつつ
父親が苦手な物品ばっかりなのといった我々が献立苦手なので見切り(笑)
この日の計画はオムライスってカルパッチョ風サラダというキャベツの肉巻き!
ひとまず魚という肉といった野菜完全使った計画でお祝いしました〜
父親が小児に食べ指す人まねを通してくれたのですが
両方とも楽しそうにしてくれたのでやってよかった?
飯も喜ばしいと言ってもらえてよかったです!
いつも美味しいと言って得る優しい父親でサンキューね!
当人には必須言えませんけどね(笑)
普段はいつも営業で帰りが遅いので(この日はついついお休日)
久しぶりに3お客様でじわじわ過ごせて息抜きできました?
日に日に成長して行くわが幼児を見ながら
本当に乳児ってすごいなぁといったエキサイトの四六時中だ!
わずらわしい時もあるけどとっても苦じゃないのがミラクルですな〜
2人で小児の寝顔を見ながら話す時間が最高に幸せな時間だ。
未来いかなる子になるのかな〜とか妄想は膨らむばっかり(笑)親滅茶苦茶ですね(笑)
生じる前は自分が親滅茶苦茶なんて上るわけない!としてたけど今は愛しくて可愛くてしかたないだ(笑)
これからも元気に伸び伸び育ってね
身寄り3お客様だけ日記を作っていけますように?m性感 東京、大阪、池袋の店舗情報はこちら

NHKテレビ局ブラタモリは上質な学術広範

NHKテレビ局のブラタモリは大好きなテレビ局でいつも楽しみにしている。
以前は真夜中遅いにプランされていて,都内周辺のみのロケでしたが,土曜夜のゴールデンタイムに移ってからは,全国各地にロケ域が行き渡り一際楽しくなりました。
自称?坂・地形下部のタモリくんが相当な博識で,現地の批評員の方も驚くような察知キャパシティーや判読力を発揮し,ロケことにおける痕跡に着目してその土地のキャリアや慣習を通り歩みの中で追及していく流れが描かれている。
ペアを組む奥様アナウンサーとの掛け合いも絶妙で,まったく見やすいロジカルなバラエティテレビ局になっています。
この間のプランも,京都の伏見が秀吉天下一緒後の実質的な首都で,京都市内・大阪・奈良を一望できる頭上に城を構え,現代に置き換えるって身近を宅地造成して大名の武家家屋などに使用し,淀川(宇治川)の治水も兼ねて堤を作り奈良までの道路や大阪まで水路の掃除に力を注いでいたことを,地形・地層や古文書・地図から解き明かしていました。
テレビ局の最後に,秀吉を必ず土木工事が大好きだったユーザーって結論づけた場がタモリくんらしく納得しました。
日本は地震や噴火が多い国家でその予知も望まれていますが,こういうテレビ局を確かめる結果今までどちらかと言えば控えめだった地学という科目を,学んでみたいなとおもう子供達が増えるといいなと思います。
合わせてキャリアや慣習に興味を持つ大人が増えれば,社会に湿気も生じるのではと見まがうテレビ局だ。http://toryanse.rash.jp/

デジタルはじめ瞳レフを使ってみた反作用

じっくり貯金して、憧れのデジタル最初目レフを仕入れ。
身はこれまでガラケーとスマフォのカメラでしか写真を撮ったことがない。
そのため、他の一眼レフカメラと比較する形でコメントできないが、ここではスマフォのカメラに対してレビューしたい。
(それでスマフォで手軽に高画質の写真を撮れる現時点、なんで一眼レフを貰うのか、そのメリットにおいて話したい)
写真分配ページのFlickrでは以前はデジタルカメラを通じて採集された写真の方が多かったが、2011時代6月に何とかiPhone4が最も採集に使用されたカメラとなった。
そういった世の中の流れは人々の目論見が写真のクオリティよりも、交渉機具としてのスマフォという連動しているからだと窺える。
でも、身は一眼レフカメラにはスマフォのカメラには乏しい魅力があるという。
とにかく1つは最適な状態で採集やれるチャンスが増える事例。
スマフォのカメラもやはり、周囲の明るさによって自動的に表示補正されるが、思い通りにならない時もある。
デジタル最初目レフだとそういった場面も手仕事で表示を調整できる。
二つめは夜景を撮りたい状況など、暗ことも敢然と夜の明かりを表現できる事例。
スマフォのカメラでは見方センサーを薄くせざるを得ないが、デジタル最初目レフでは大きな見方センサーを内蔵できる。
そのため、よりの明かりを受光でき響が低減される。
デジタル最初目レフはスマフォと比べて著しい結果、いつでも気軽に持ち歩くことはできないかもしれない。
ただし、スマフォのカメラは一味違う写真が撮れる結果、外で「持ってきて良かった」と思える事態が必ずやあると想う。
ありとあらゆる場面で美しく写真を撮りたいのならば、デジタル最初目レフを購入してみるのも良いかもしれない。LINEID掲示板で女子のQRコードもゲットしよう

横浜へ行きました。山下公園へ♪

暑くも無く寒くも無く、梅雨だけど多雨も降っていないウィークデー。極めて久しぶりに山下公園へ行ってきました。昔から隠れ家隠れ家先なの。
横浜の中華街路のインプレッションとは違い熱意はあるけどシャレオツで都会的で落ち着いてる山下公園。
思いが和むのは、たくさんの綺麗なお花や激しく大空を飛ん生じるカモメ様陣が山下公園のネームバリューをより良くしてくれてる?
海に面するように調節されてる席に座って、中華街路で買ったハリネズミまんを食べるのが最近のマイ大人気なの笑中華街路の焼き小籠包も大大大??隙間!ですから物凄く面食らうんだけど、最近はハリネズミまんに不倫する確率が高いかな笑
のーんびり仲良しと話しながらハリネズミまんを美味く頂いた後は、ど定番の氷川丸をみにてくてく。船内の内側も視聴やるの隠れ家だけど何回もみたから今日は終わりときました笑
氷川丸を外から楽しんだ後は大桟橋の喫茶店にかけてまたまたてくてく。またまた対談しちゃいました笑
山下公園は何にも日取りを入れてない土日、ぷらっと遊戯をめぐっても大満足できるから大好きなの。みなとみらいや横浜マリンタワーや赤レンガ倉庫で買物だってたのしめちゃう。
また近いうち仲良し誘ってこよ?っと?カカオトーク掲示板ならこのサイト

水族館なのか動物園なのかミュージアムなのか。

都内から近くがマッチに来たので、大阪吹田に新しく出来た「ニフレル」っていう美術館をめぐってきました。
美術館って言っても、挿絵や彫刻が展示していらっしゃるわけではなくて
水族館という生き物園を足して2で割って、こじんまり、ちょっとおしゃれにした感じのところです。
ウィークデイだったこともあり、待ち時間もなくスムーズに入館出来ました。
初めてだったのだけど、長々尊敬、楽しかっただ。
定型水族館って、壁際にそって水槽があるというのだけど、ここはそうじゃないのです。
それこそ博物館や美術館のように、通り道の真ん中にいくつもの表示水槽があって、あちらこちらに歩きを向けて見て出向く感じです。
生き物のレヴューも最低しか書かれていないのは、一長一短かなぁ。
から人気を与える感触なんだけど、その場その場でしばし把握見込める空気も欲しかったかもだ。
後になるとホワイトタイガーやカバ、鳥類なんかの表示だ。
鳥類はともかく、内部表示だし何となく可哀想だし、ここにトラやカバは取り除ける感触だけど、これもTVCMにつきかしら。
ものすごくはない建物なのでじりじり見て回っても90食い分ぐらいでした。
魚やクラゲ、エビなどの動きを見てるだけで幸せに罹るお客には、もってこいの近辺です。
けれども私たちは空いてる時に行けたから幸運出来たけど
混雑時にこういう表示で1900円は、効率、腹黒いなぁ、という思っちゃった。
ウィークデイが機会。

猫の爪といったぎを思い切って新調してみました

うちには猫がいて、爪とぎはダンボール製のタワー式爪とぎにおいていました。
ただ、容積が狭く、ねじの精度があまり厳しくなく猫が爪を研ぐといったぐらぐらしていたつぎ込みにくそうです。
ダンボールもズタボロになってしまい、フロアーに散らばるようになっているのでとっくに差し替えの時期になっていました。こういう爪とぎは使い勝手が悪いし、新しいのに交換したいなあと思いアマゾンでサーチしました。
次いで少し総額が高いのですが大工様というダンボール店舗が製作したという猫の爪というぎを通販で購入しました。届いて包装を開けてみると思ったより容積が著しく、今まで使っていた爪とぎの3ダブルくらいのがたいでした。台座はヒノキの要約材で45cmくらいの正方形のがたいで、ダンボールの爪とぎ本体を通す角材は80cmくらいの高さがありました。
仕組みは簡単で台座にビスで柱になる角材を取り止めるのですが、ビスのエンディングがきれいにはまらずちょっぴり飛び出してしまいました。乗員でねじ込んもダメでした。ねじトラップ分開けておいて欲しかったですね。
台座に柱を取り付けたら、ダンボールを角材に通していきました、ダンボール店舗だけあってしっかりとした組立でした。これなら数ヶ月は爪とぎがもちそうです。ダンボールを差し込んで最後は柱の上に止めようの木材を通じて出来上がりました。
さっそく、完成した目新しい爪というぎを古くさいアイテムといった差し換えて猫を前に連れて赴き「初々しい爪とぎできたよ」といった見せたのですが、木の臭気が気になるのか遠くから様子見で、先で寝そべってしまい研いでくれませんでした。次第に使って受け取るかなと憧れ置いときました。漸く今朝、猫が爪を研いで使ってくれてました。容積が大きくなった分体を伸ばせて気持ちよさそうです。ダンボールが丈夫な分剰余塵も出ないようなので、高かったけど思い切って買ってよかったなと思います。http://xn--nckaqb1954d8owc.com/

雨上がり紫陽花散策からほんのり買い出し♪

わーいっ!いよいよ土砂降りが上がった?!
ほんのり曇ってるけど、一際実家にいたからリフレッシュ♪衣服を着替えて、スニーカーを履いて近所の紫陽花を見にお散策へlet’s go!
てくてく歩いて約5取り分。紫陽花の盛り類!
青、紫、赤、白、、まん丸に咲き誇る紫陽花の随分美しい事柄!!
紫陽花ってほんと綺麗で可愛くて、それでいて産物もあってステキですよね?♪
しっかり眼の保養ができちゃった??
家路は少し遠周囲して、嬉しいって噂のベーカリーちゃんで大好きな食パンといったクリームパンを入手。近年パンばかり食べてるなあ苦笑い
少し前は菓子パンや炊事パンが大好きすぎて太っちゃったから食べ過ぎに注意しなきゃ!
あとは、コーヒープチもなくなりみたいだったからコーヒープチを求めててくてくあるく。コーヒーは粉じゃなくてずっとプチ派。昼前起きてお水をコップ万全飲んだ上、コーヒープチをガリガリ挽くときのあのなまやさしい香料が大好き!朝からシアワセな気分になれる?ドリップもポタポタ丁寧に。淹れたてのコーヒーが当然特別嬉しい♪
お眼当の紫陽花に癒されて、うまいパンってコーヒープチもゲットできた??いい気分交換が出来てよかった?。とにかくお散策お気に入り!あー楽しかった?せふれ用の人妻と出会う

Let’s Talking イングリッシュ

わたくしは現時点、Englishを勉強してある。
理由は今どき外人といったふれる機会が多いためだ。
只今、わたくしがいるところはシェアハウスになります。
そこではわたくし他全員が外人になります。
日本語を話せる顧客もいますが、話せない顧客もある。
その人たちと会話する時は本当にEnglishになってしまいます。
最初の頃は言い回し言い回しでしか話せず、何となくEnglishが通じませんでした。(今でも時折通じないことがあります。)
ただし、そこからわたくしはEnglishを育成し始めるようになりました。
最初は中学生英単語、英文法の勉強に専念しました。
そこから簡単な英文法を使えるようになりました。(ヒヤリング便り、お断り賛同便り、未来現時点実例形の文法)
現在はそこからちょっとステップアップし、高校生Englishにも取り組んである。リスニングも少しずつ速いEnglishも聞けるようになってきています。
そこで私の運が良かったのが、ことをちゃんと聞き取ってくれてEnglishをゆったりわかりやすくわたくしに教えてくれる外人がいたことです。
その方のおかげでわたくしはEnglishを結構できるようになりました。
やっぱり最初は速いEnglishだけだと聞き取れず、妥協してしまうことが多いので、スロースピーキングから話してもらえる外人がいることにサンキュー。
二度と語れるようになり、その方ってもう仕様をきつく喋れるようになりたいと思います。ライン掲示板でQRコードとIDを交換

大雨の日光の楽しみ?水たまりをかけぬける。

窓を開けると自ずと雨量が降って要る。
午前はお天道様が差していたから、今日は晴れ上がるかと思ったんだけど。
今は梅雨ですもんね、何時降ったっておかしくない。
晴れてるうちに、ショッピングすませておけばよかったかなぁ。
そんなことを考えながら、近くの公園を受かる。
充分舗装された進路を歩けば真下も濡れないんだけど、草の生えた進路なき進路を歩いたほうが早道なんだよね。
小雨だから普段の靴を履いてきちゃったしな。
どっちに行こうか耐えるという、もっと自分の自分が話しかけてきた。
「えぇい、躊躇うなわたくし。たまには濡れちゃえ!」
そうね、時折濡れるのもいいかな。
まんまととっくに自分の自分に乗せられ、壌土の上に一歩歩きを踏み出すと、そこはすでにぬかるみになっていて。
「きゃぁ、しまった。なんとなく、靴が汚れるー!」
通常です、といった自分に突っ込みを入れたくなりながら、急いでもっと片方の歩きを前に出すと、今度はちっちゃな水たまり。
「えー、草で水たまりが思えなかったよ、ちょこっと待ってーー!」
とまぁこういう連続で、元来帰路もせず、慌てふためきながら小走りで進路なき進路を突っ切った。
「いざ、やりきったゾ。」
抱腹絶倒満足で満たされながら、つい思い起こした訳。
そういえば子どものあたり、水たまりで遊ぶのが穴場だった。
靴は汚れたけど、久しぶりに幼子にかえった気持ち。いい。
…も、すでに次は断ち切るかなぁ(笑)セックス やり方の超おすすめサイト

ジーンズを履きこんで出向く強み

ブルージーンズが好きです。
何十万円も講じる上等ビンテージジーンズを買いあさるほどの信者ではありませんが、他の衣装には乏しい自分で履きこんで行くため自分だけに馴染んで行く極上第六感が愛する。
ウールアウターや、綺麗なシャツ、ケバイ衣類などは、着れば着るほど古くなって赴き、色褪せていきます。ですから、お気に入りの衣類ほどなるたけきる頻度を抑えてここぞという日数だけ着るようになってしまう。
せっかくの大好きだったり、奮発して買った優雅着なのに本末転倒な気がしますが、そんなものだ。
着てかつてなる=DOWNのことで、出先でこすれてしまったり染みがつくといったがっかりするし、そうしないように気を使うので疲れてしまいます。
一方ジーンズは、買ったばかりの色調落ちしていないぴかぴかな状態は却って未成立で、少々履き込んで色調落ちしたり、すれたりしてはじめてジーンズらしくつながる。
ですから、身の回りへのオーダーも、家の中でもできるだけ長く履いて少なく自分だけのジーンズに育てたいという気分になります。
すれたり汚れたりはむしろ自分らしい風味になります。
着て何時ぞやのぼる=増量と感じることが出来る低い衣装だ。
なので、ちょっとしたお出かけも、歩き回ってすれたり皺が色調落ちしていくためにプラスになっているといった覚えることが、衣類を羽織る楽しみになります。
優雅着、スーツと比べると、ネタやつくりだけでなく、古くなってもいいと感じてとことん送れることが衣装としてのやりがいといった引力に繋がっているのではないかと思います。鈴村あいりのおすすめサイト

« Older posts