蒸し暑い日光が貫く、きょう近年。
なぜか「夏季」といえば、「心霊・幽霊」などの放送が多く繋がる小物。
なので自分も、現在「こういうストーリーはホンマは思っていたけど、ホンマですな。」と
思った話があるので、書かせて下さい。
自分は昨今、建築会社に勤務してあり、
日々の忙しさにまぶたが回る意思を通じております。
建築縁というのは、不思議な体験をすることが多いようであります。
「なぜか、こういう現地は事がかしこくもたつく。」
そういうことが何かと起きる現地の場合、工事にかかわるトップコマンダーを揃え、
お祓いをするという事もあるようです。
また現在も、「アクシデントが多い現地です。」というので、工事現地コマンダーとともに、
お祓いをする現地があるそうです。
お祓い講じるに関して、「こういう現地の経歴をみてくれ。」とのことで、われわれ働き手で、
アクシデントの多いこういう現地の事を確認を通じていくと、
その現地は「東京心霊スポット」の1つになっているという、土に曰くつきの現地でありました。
そういう事があり、
ある日オフィスに同業建築やつのカスタマーがすり合わせがあるとのことで来社しました。
推進のものがカスタマーってすり合わせ含め、他愛も薄い筋道のなか、
「我々は近いうち、お祓いをすることになりまして。」
といった、弊社の営業のものがカスタマーに言うと、カスタマーが「何で?災害も起きましたか?」という聞かれ、
当社営業が、「いえ。アクシデントが多くてですね。なかなか工事がもたつくのと、のちこの土地、曰く付きでして。」
それを聞いたカスタマーが、
「そういうのははなはだあるからね。大手町の平将門の首塚は、ホンマだからね。これで人死んでるし、火事も起きたしね。
もっと今では恐ろしくて誰も手をつけないほどだからね。」
当社営業も、平将門の首塚の事は知ってあり、「そうなんですよね。そういった現地ってあるのですよね。」
そのストーリーを横で聞いていたあたいは、「平将門の首塚のストーリーは、それほど耳にしていたけど、ホンマですな。」といった、
建築産業における結果、身近に感じました。
みなさんも、近くになり、曰くつきのストーリーがありましたら、いたずらに手を出してはいけませんよ。
「触らぬ神秘に祟り無し」だ。http://xn--id-mg4awlwbx903cvtfqx3b.eek.jp/