わたくしは現時点、Englishを勉強してある。
理由は今どき外人といったふれる機会が多いためだ。
只今、わたくしがいるところはシェアハウスになります。
そこではわたくし他全員が外人になります。
日本語を話せる顧客もいますが、話せない顧客もある。
その人たちと会話する時は本当にEnglishになってしまいます。
最初の頃は言い回し言い回しでしか話せず、何となくEnglishが通じませんでした。(今でも時折通じないことがあります。)
ただし、そこからわたくしはEnglishを育成し始めるようになりました。
最初は中学生英単語、英文法の勉強に専念しました。
そこから簡単な英文法を使えるようになりました。(ヒヤリング便り、お断り賛同便り、未来現時点実例形の文法)
現在はそこからちょっとステップアップし、高校生Englishにも取り組んである。リスニングも少しずつ速いEnglishも聞けるようになってきています。
そこで私の運が良かったのが、ことをちゃんと聞き取ってくれてEnglishをゆったりわかりやすくわたくしに教えてくれる外人がいたことです。
その方のおかげでわたくしはEnglishを結構できるようになりました。
やっぱり最初は速いEnglishだけだと聞き取れず、妥協してしまうことが多いので、スロースピーキングから話してもらえる外人がいることにサンキュー。
二度と語れるようになり、その方ってもう仕様をきつく喋れるようになりたいと思います。ライン掲示板でQRコードとIDを交換